名も無き海から

派遣、映画館のアルバイトや手話の勉強、ニュース、映画鑑賞などの記事を書いてます。ブログペットの月見君もヨロシク♪

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

08月04日

(土曜日)

8/18公開『ベクシル2077日本鎖国』

数日テストが続いたのですが、2日目は
『ベクシル 2077 日本鎖国』でした。

あらすじは
コチラから転載。

21世紀初頭、世界市場を独占した日本のハイテク技術は
危険視され、国際規制の対象となった。
これに猛反発した日本は国連を脱退し、鎖国を強行。
それから10年間、ハイテクを駆使した完全なる鎖国により
日本の実像は厚いベールに隠された。
2077年、日本に潜入した特殊部隊の女性兵士べクシルは、
異様な光景を目撃する。 (シネマトゥデイ)


ベクシル1(C)2007べクシル製作委員会
(↑この女性が主人公、ベクシル)

ネタバレになりそうな感想をば。



物語のテーマは「生きる」ことや「生」。
予告編でご覧になった方は、ベクシル以外の生態反応を
確認できません!~というシーンを覚えてるかと。
ハイテク鎖国した日本の国民は、
かろうじて「生」を掴んでいる。
やがて存在の死がやってくるのを知っていて、
慎ましやかな生活を過ごしている。
ベクシルはアメリカ在住で、ロボットに囲まれた近未来都市で
生活をしているのだけど、ロボットに嫌悪感を持っていて、
無機質な都市での生活で生きる意味を見失いかけてた。
そんなベクシルが日本にやってきて…。

テーマや筋書きはよくある話かもしれない。
でも、僕にとっては熱いテーマで物語の終盤には
胸を打たれて、目頭が熱くなってしまった。
生きる為に頑張っている人はかっこいいし、美しい。
卑怯な手を使ったり、姑息に生きる人もまた別に
いることもあるけども。

ドラマは僕のツボだったけれども、展開は観ていて、
こうなるかなぁというのが、来る。
そこは残念なものがあったけど、テーマが好みの
ものなので、それでよし。

今回、声をあてている、黒木メイサ谷原章介
松雪泰子は映画では観るけど、あまり馴染みない。
なので、キャラの向こう側に本人が見えて気になるような
ことはなくて、とても自然に観ることが出来た。

音楽・映像は、細かく褒める言葉を持ち合わせて
ないのが残念だけど、とにかくカッコイイ。
そこを楽しみにすると、よい鑑賞になるかもしれませぬ。

よければ拍手していって下さいな♪

スポンサーサイト

★テーマ:☆試写会☆ - ☆ジャンル:映画

コメント

現実には

とてもなりそうにないですね(--;;残念ながら…
日本の施政者、経営者による技術者に対する徹底した冷遇によってハイテクだけに限らず、日本の技術水準は急降下中です。

どうせなら、核爆弾なんぞ持つよりも世界に「おっかねぇ」と思わせるくらいの技術を持った方が日本のためになるんですが。

そうなんですか・・。

D:遊楽庵さん
残念なことですが、物語中の日本人たちのことを思うと、
ホッとしないでもないです。
とはいえ、技術水準の急降下…憂慮すべきことですね。。
こうした憂慮を思うと、近い将来クーデターとか
起こったりしないかなと不安になったりします。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

 訪問者数 

 プロフィール 

novizo

Author:novizo
画像:名も無きタヌキ
留年2回生。世事・流行に激しく疎い。
映画、自動車、競馬、フィギュア、
サッカー、バス釣り、ビリヤードなど
に興味有り。
僕の本棚、見て下さい

 ブロとも申請フォーム 
 ブログ内検索 

 月見の季節 

 絵本 

村人にしあわせを与えるトランペットふき。ある日、盗賊に捕らえられてしまう。読んで元気が出ます。

 天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

 てくのくらてぃ 

 ブログスカウター 

 QRコード 

QRコード

 メールフォーム 
 piyopiyo 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。