名も無き海から

派遣、映画館のアルバイトや手話の勉強、ニュース、映画鑑賞などの記事を書いてます。ブログペットの月見君もヨロシク♪

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

07月13日

(金曜日)

洋画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』

前作『~と炎のゴブレット』は未鑑賞。
だのでこれを観る前に観なきゃーと思っていたんだけど、
果たせなかったTwT 義務感でるとどうも…。

本作は映画シリーズの期待の最新作。
遂にハリーの秘密が明かされる…らしい。

自分は致命的な勘違いをして、
この作品で完結するものだと思ってた。
おかげで後半は無意味にハラハラ。
ある意味、普通に見れなかったので、
またもう一度この作品見たい。時間を置いて。

 今回はルーナ・ラブグッドなる女子生徒が新登場。
他の生徒には見えないものについて言及したり、
何を考えているか分からない女の子。
後で結成されるダンブルドア軍団にも入る。

「くひっ」と笑う新教師ドローレスはCMでも
異様な存在感を放ってますが、
劇中でも良い意味でも悪い意味でも活躍します。
ちなみにこの人は、ハリーとは敵対する勢力の魔法省の人間で、
最初は教師として赴任してくるのだけど、あれやこれやと干渉し、
ついには校長にまでなって、やりたい放題。

そんな中で「あの人」の復活が迫ってきて、
ハリーはどんどん追い詰められていく話。


前作を見ていないということもあって、
どの登場人物の成長も新鮮。

ハリーは一番驚いた。昔は丸っこいようなイメージだったが、
精悍というのは言いすぎか・・・丸みが消えて角張ってきたか。
第一印象は「フォレストガンプ?」でした。
ハーマイオニーは綺麗になった。
ロンは良い三枚目になった(笑)
地味にネビルの外見が良くなってきている。
マルフォイの成長もハリーっぽいが今回は脇の脇。
ロンの妹ジニーはあんまり覚えてない。
劇中でかなり魔法の力が強いと知って、さすがに覚えたw
ロンの双子の兄貴、フレッド&ジョージはやっぱり覚えてなくて、
やっぱりどっちがどっちか分からない。
そういやウィキで見ると、どうやらこの二人は発明王のようで、
今回もそれで活躍してる。

ハリーは今回、魔法省やらヴォルデモート郷の呪い?
やらで、窮地に立たされていく。
こんな時頼りになるのは友達や仲間なんだけど、
ハリーは自分から仲間を遠ざけようとして孤立。
序盤から中盤にかけてハラハラさせられます。
後半はあの二人がやり返してくれたりでスカッと。
そのシーンは迫力あるし面白いです。

魔法戦も見所!
不死鳥の騎士団vs死喰い人もそうだけど、
ダンブルドアvsヴォルデモートがィィ!
つかダンブルドアの強さに驚きますよ。
老いてなお…ヴォルデモートが一目置くはずです。

ふぅ。そんなもんか。
今回は次の話までのステップという感じが強くて、
評価的には星3つ。早く最終作を見てスッキリしたい!
・・けど、それはそれで寂しい気もする。

スポンサーサイト

★テーマ:公開予定前の映画 - ☆ジャンル:映画

コメント

甥っ子と観てきました

そっか、まだ途中なんだね。続くんだね。
ちょっと期待しすぎちゃった・・・(^^;)
でも、ルーナの存在は結構よかった。もっと活躍するとよかったのに~。
チョウもキスまでしたのに・・・。ってカンジ。
ま、メインはあの三人なんだけどネ♪

あと2作?

D:こまちさん
『プリンス』と『死の秘宝』の2作、楽しみですね。
最後の一作も同じキャストでするのか…気になります。
僕、疑心暗鬼になったのか、原作知らずが悪いのか、
ルーナは悪い側の人なのかなと思ってました^^;
チョウは残念でしたね。アジア人嫌いなのかな監督。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

 訪問者数 

 プロフィール 

novizo

Author:novizo
画像:名も無きタヌキ
留年2回生。世事・流行に激しく疎い。
映画、自動車、競馬、フィギュア、
サッカー、バス釣り、ビリヤードなど
に興味有り。
僕の本棚、見て下さい

 ブロとも申請フォーム 
 ブログ内検索 

 月見の季節 

 絵本 

村人にしあわせを与えるトランペットふき。ある日、盗賊に捕らえられてしまう。読んで元気が出ます。

 天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

 てくのくらてぃ 

 ブログスカウター 

 QRコード 

QRコード

 メールフォーム 
 piyopiyo 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。