名も無き海から

派遣、映画館のアルバイトや手話の勉強、ニュース、映画鑑賞などの記事を書いてます。ブログペットの月見君もヨロシク♪

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

07月12日

(木曜日)

邦画『憑神(つきがみ)』★★★★☆

先日、『憑神(つきがみ)』を観ました。

あらすじはYahoo動画のコレをご参照あれ。

要は妻夫木演じる主人公が酔った勢いで?
とんでもない神社に参ってしまって、
これまたとんでもない3人の神様に憑かれる
というお話。

ちなみに、憑いていくるのは
貧乏神(西田敏行)、疫病神(赤井英和)、死神(森迫永依)。
↓のような可愛い顔でやることはキッツイのです^^;

憑神C)2007「憑神」製作委員会



この映画はなんといっても森迫ちゃん。
死神である森迫ちゃんは、貧乏神、疫病神の後の
極めつけとしてやって来る。

ちなみに西田敏行演じる貧乏神は、
やはりお笑い担当。見習い修験者?に
苦しめられ、主導権を握られてしまう情けなさとか
西田のキャラと演技にぴったり。

疫病神は文字通り病を運ぶ。
演じるのは赤井英和でこの憑神さまは結構強く、
さっきの見習い修験者?とのかけあいは
西田との対比でまた面白かった。
とにかく真面目な疫病神は憑かれたくないけど好印象。

森迫ちゃん演じる死神は非道と罵られて本望の憑神。
はじめはあっさりと主人公を殺そうとします。
でも主人公につきまとっているうちに、
好意を抱くようになってしまって…。
「もうどうしようにもないのさっ」
なんて言ってしまう始末。
このシーンはすごい破壊力でしたヨ。
何かが目覚めそうで怖かった。
森迫ちゃんの今後の成長期待大ですね。

ところで、この映画、キャストが豪華です。

出演もしくは声の出演:
妻夫木聡夏木マリ佐々木蔵之介
鈴木砂羽森迫永依笛木優子
佐藤隆太赤井英和上田耕一
鈴木ヒロミツ本田大輔徳井優
大石吾朗石橋蓮司香川照之
西田敏行江口洋介
(Yahoo映画から転載)
味のある名優揃いだと思うなり。

主人公の兄役は佐々木さん。宿替えされた後の演技はさすが。
勝海舟には江口洋介。カッコイイ(それだけかよ!
佐藤隆太は真面目そうだからコミカル分が強調されて良い。
香川さんは主人公行きつけの屋台蕎麦屋の親父。
主人公を励ましたり、でも憑神が現れたら保身のために
情けない様子を見せたり…うまいなーと思います。
夏木マリは主人公の母役。長男に説教する時の語りが良かった。
で、その語りを遮って引き継ぐ佐々木さんの演技も良かったなぁ。

まとめると、物語における刺激はあまり大きくないけど、
キャストを楽しめる映画だと思います。
主人公の見出した結論に、すっきりしない人も少なからず
いるみたい。僕はあの結論は意味があったと思うので
良かったと思います。
最後の最後は「えーーー?」と思う人が出てきて、
驚きますよ。
この話の誕生秘話?ぽい。
さすがにフィクションなんだろうけどw

刺激とかひねりとかが足らなかったけど、
良い話だし楽しかったので、
個人的評価は星4つです。
スポンサーサイト

★テーマ:憑神 - ☆ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

 訪問者数 

 プロフィール 

novizo

Author:novizo
画像:名も無きタヌキ
留年2回生。世事・流行に激しく疎い。
映画、自動車、競馬、フィギュア、
サッカー、バス釣り、ビリヤードなど
に興味有り。
僕の本棚、見て下さい

 ブロとも申請フォーム 
 ブログ内検索 

 月見の季節 

 絵本 

村人にしあわせを与えるトランペットふき。ある日、盗賊に捕らえられてしまう。読んで元気が出ます。

 天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

 てくのくらてぃ 

 ブログスカウター 

 QRコード 

QRコード

 メールフォーム 
 piyopiyo 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。