名も無き海から

派遣、映画館のアルバイトや手話の勉強、ニュース、映画鑑賞などの記事を書いてます。ブログペットの月見君もヨロシク♪

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

06月21日

(木曜日)

洋画『バベル』★★★☆☆

先日『バベル』を見てきました。
TOHOシネマズで見るつもりだったけど、
結局単館に映るまで見れなかったな~。

皆もご存知のニュースのことはそれほど
心配してなかった。僕は大丈夫でした。

3つの地域で別々に起きている事件が
つながる瞬間は驚いた。まぁ前から知っては
いたんだけども(笑)
日本にいる、ろう者の少女が焦点にあてられ、
菊池凛子が演じていたが、手話会話の速度に
驚いた。あの速さなんだよ!と思って見てた。
 余談だけど、日本における手話会話は
 紆余曲折あって、使えるようになった。
 『わが指のオーケストラ』が分かりやすい。

鑑賞後すぐは、この物語をどう受け止めたらいいか
分からなかった。後になって解説を読んだりして、
やっと劇中の設定や行動の理由が分かった。
この映画は問題提起までの内容で、
結論を鑑賞者に考えさせようとしているのかも
しれないな、なんて思ったり。

言葉が通じない、心が通じない様の描写は
それにしてもリアルに描いていると思った。
役者も本も良いと思う。

僕は手話サークルに入っていて、ろう者と
ハイキングに行ったり、食事をしに行ったりに
参加することがある。手話がほとんど分からないので
輪に入れないことが多く、疎外感を覚える。
分からないことが辛く、分からないことで
相手が不快そうにしているのも辛い。
早く終わればいいなと思うこともある。
そういう一日がもしずっと続いたら…。

なんてことを考えました。

まとめると、バベルは色々と引っかかるものが
あるけど、色んな人に見て考えてもらいたい映画。
「通じることが困難なことを知る」ことで、
「じゃあどうすればいい?」と考えることができる。
そう思える人が増えればいいなと思う。
スポンサーサイト

★テーマ:バベル - ☆ジャンル:映画

コメント

Tawaも、2週間ぐらぃ前観て来ましたょ~

U^ぇ^U

ナンカ分らないけど…観て、微妙に落込んだかも

U´ぇ`U

デモ、あの女の子の飢餓感みたぃなのは共感出来ましたョゥ~

しかし…あの銃は…持ってる人を不幸にさす、不幸の銃だったりして~

お久しぶりです♪

D:Tawaさん
Tawaさんも観たんですね♪
落ち込みましたか。。僕もかなりズーンて_| ̄|○
飢餓感か~確かにそんな感じでしたね。
切迫してましたよね。
あのライフルは不幸の引き金でしたね。
母やあの女性や…。ただ警察が来て、
チエコの問題が多少解消されることに
なったのは良かったかもしれないな。
モロッコやメキシコの人が可哀相で可哀相でTT

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

 訪問者数 

 プロフィール 

novizo

Author:novizo
画像:名も無きタヌキ
留年2回生。世事・流行に激しく疎い。
映画、自動車、競馬、フィギュア、
サッカー、バス釣り、ビリヤードなど
に興味有り。
僕の本棚、見て下さい

 ブロとも申請フォーム 
 ブログ内検索 

 月見の季節 

 絵本 

村人にしあわせを与えるトランペットふき。ある日、盗賊に捕らえられてしまう。読んで元気が出ます。

 天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

 てくのくらてぃ 

 ブログスカウター 

 QRコード 

QRコード

 メールフォーム 
 piyopiyo 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。