名も無き海から

派遣、映画館のアルバイトや手話の勉強、ニュース、映画鑑賞などの記事を書いてます。ブログペットの月見君もヨロシク♪

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

06月02日

(土曜日)

邦画『ゲゲゲの鬼太郎』★★★☆☆

2週間くらい前に観ました。
ある女性バイトさんに感想を聞くと、
「わりと面白かった」とのことだったので。

ゲゲゲの鬼太郎、原作のマンガはあんまり
読んだことがないし、アニメも昔に見て以来、
ぼんやりした記憶しかないので、
独立した映画として観れました。

物語は、鬼太郎に手紙を出した少年の家族と、
ねずみ男が妖狐の秘宝「妖怪石」を盗み出した
事件とが交錯し、裏切りと他の妖怪の思惑で
鬼太郎が「妖怪石盗み」の容疑者にされて
しまい、絶体絶命に陥る話。



個人的には謎を追う話が好きなので、
物語の刺激はイマイチだったけど、
この映画の見所はキャラだったと思います。

一番好きだったのは大泉洋。好演というか、
怪演というか。とにかくキャラ造りの感性度が
半端じゃないなーと思いました。

室井滋の砂かけ婆も良かったですね。

敵側の空弧演じる橋本さとしも良いのですが、

空弧が引き連れる下っ端妖狐どもの、
アクションが妙にキレ良くて感心しました。

西田敏行は物語り後半で登場する輪入道の役。
気が抜けるキャラはこの人の良さですね~。

田中麗奈は猫娘。妙な色気がないのが良いです。
妖怪世界のクラブで踊る姿が個人的に衝撃でした。

井上真央は鬼太郎に手紙を送った少年の姉。
あまり食指を動かされない不思議。

かんぺーちゃんは子泣き爺。
新喜劇の方がよほど自然な演技に見えたかも。
西田敏行と合わせて脱力系の魅力。

目玉の親父さん。。
あなたなんで包帯巻いてるんですか…。

と、色んなキャラが面白いです。

泣きそうになるシーンもあります。
笑いも多いので、マンガ発だけど、
ほんとに色んな年代の人が楽しめる作品だと
思います。
スポンサーサイト

★テーマ:ゲゲゲの鬼太郎 - ☆ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

 訪問者数 

 プロフィール 

novizo

Author:novizo
画像:名も無きタヌキ
留年2回生。世事・流行に激しく疎い。
映画、自動車、競馬、フィギュア、
サッカー、バス釣り、ビリヤードなど
に興味有り。
僕の本棚、見て下さい

 ブロとも申請フォーム 
 ブログ内検索 

 月見の季節 

 絵本 

村人にしあわせを与えるトランペットふき。ある日、盗賊に捕らえられてしまう。読んで元気が出ます。

 天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

 てくのくらてぃ 

 ブログスカウター 

 QRコード 

QRコード

 メールフォーム 
 piyopiyo 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。