名も無き海から

派遣、映画館のアルバイトや手話の勉強、ニュース、映画鑑賞などの記事を書いてます。ブログペットの月見君もヨロシク♪

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年

08月15日

(火曜日)

終戦記念日

明日は終戦記念日ですね。
ここで気になるのは、やっぱり首相参拝ですよね。
もう退くんだから行きますよね?
行くんだったら行く、行かないのだったら日を
ずらしてでも行かない、ようにしてもらいたいです。
どうせ日をずらしても祀られてるものは変わらないですしね。

靖国参拝の是非が問われるニュースを見たりして、
別に他人事なのにピリピリしてたのですが、
この際思考停止した方がよいことのように思えてきました。
正当性は立場ってものができると作られるものだし、
譲るか譲らないかの問題であって、
正しいか正しくないかの問題ではないように
思えてきました。




色々考えた結果。
僕としては首相参拝を慣例化させる必要はない、
と思うようにしました。

終戦記念日は国会で皆で黙祷を捧げたら
ええじゃないですか。
むしろ行くのなら国の象徴たる天皇陛下でしょう。
首相は敬愛される公僕の長として在って、
尊敬されるやんごとなき人としての儀礼は
それほど頑張らないでいいと思います。

ところで、A級戦犯の合祀は首相の参拝の慣例とは
別の問題ですよね。
合祀をやめたからといって、首相が特定の宗教施設に出向く
問題が解決しません。合祀している所に参ることについて、
中国韓国は批判していますが、
ブンシした「靖国」はいいのでしょうか?
彼らは「A級戦犯」「侵略」に照準を絞っているようですが、
参る目的が「慰霊・不戦の誓い」であるのを理解した上で、
どうしてそこにこだわり続けるのでしょうか?
(いや政治的理由なのは分かってはいるのですが、あえてw)

それにしてもブンシはありえませんよね。
祀ることに問題があるなら、祀るのをやめるのが本筋でしょう。
別の施設で彼らを祀っても、そこに行くかどうかまた問題に
なると思います。そこは媚びても意味がないというか。
むしろ、ブンシが問題になってしかるべきじゃ・・?
僕が首相の靖国参拝で心を害されている中国人なら怒ります。
根本的に解決しないもの。

つまるところ、是が非かとか、感情論は政治や経済的問題の
下で蠢いてるようなものです。この問題で起こる時事を見る限り、
個人の感情が国家の問題に発展してるのではなくて、
国家の問題が個人の感情に発展しているのです。
そんなところで個人がどう思ってもせんのない
空しいことのように感じます。
ブンヤは金の生る実だけを摘むようですし。

中国も韓国も徴兵制を強いている国。
真珠湾はなぜ攻撃されたのでしょうか。
なんで軍港だけ攻撃されたのでしょうか。
そして何のために軍隊を持つのでしょうか。
あくまでも過去の傷を加害者に見せるだけの両国が、
怖くてたまらないです。特に大きな方が。
これからの平和とかを考えてるんですかね・・・?

まぁどっちにしろ、首相が役職の仕事として
靖国に行くのはやめて一向に構わないです。
不戦の誓いは国民に立てて欲しいです。
政治的儀礼としての慰霊は黙祷で十分です。

1年に1回の慰霊よりも、名誉回復の方が
利があると思います。
公僕でしかない首相よりも国の象徴で、
過去からの関係も少なからず深い天皇家は
訪問すると特に信奉者は喜ぶのではないでしょうか。
それは意向次第でしてもよいと思います。

スポンサーサイト

コメント

とりあえず、戦争のことについて

わたし、宗教の問題のときもいつも思うのですが、ナニカにお祈りするのって、団体とか御布施とか場所とか関係なく、人それぞれの心の中で十分できると思うのです。
戦犯とか言われてますが、言っているのは戦犯ではない人たちの子孫であって、あくまでも周りの人が勝手に騒いでいるのであって、当事者(子孫)のことを棚上げにしている気がしてなりません。
なによりも、死者をいとおしむのは親族だと思うのです。
どんな理由であれ・・・。
でも、戦争は、いつまでも引きずねるものですね。
ダレが悪いって一概に言えないところがツライです。。。
今でもアチコチで紛争が起こっていますが、後々絶対に、その子孫たちが苦しむことになるのに・・・・。
だからといって、完璧な解決策も見出せない自分も意見するの変かなかな。。。でもでも、考えることだけでもしないといけないかなと思う。結論でないけど。

とりあえず、こういうことをちゃんと考えてるノビゾーさんのことを尊敬します。

nivizoさんは、

記録映画「東京裁判」を見たことはありますか?
最後の「判決が下される」シーンを細かく見てもらえると分かるのですが...あまりにもむごい扱いを受けているのがハッキリ映像に残っています。
あの時点で「いわゆるA級戦犯(日本にとっては戦犯ではないですが...)」に対する復讐を「気付きにくいように」遂げているので、本音としては「もういいじゃないか」と私は思います。

対中ODA(の中の有償援助)はあと2年で打ち切られます...なので、中国は「別のカツアゲ」のネタが欲しいわけです。
だから、日本側がネタを提供する必要があります(敗戦国なので逆らえないでしょう)。
内情は、「参拝」も外交カードとして、「出せ」と言われているのでしょう。

思考停止はできないですよ

novizoさん、我々日本人はこの件について思考停止はできないですよ。
サクサカーさんが言っているように日本の政治家は中国に「カツアゲネタ」を提供するために靖国に行っているかもしれないのです。

日本は戦後、戦争の後処理、外交スタンスを全て間違えてきましたが、わざとなのかもしれないと最近思うようになりました…
憲法も変えようという動きもあります。北朝鮮がらみで軍備をもっととか、あげく核武装すれば、なんて意見も飛び出してくる始末です。

国民主権の国家(曲がりなりにも、の範囲ですけど)に住む国民として自分の言葉で政治を考えることをやめるわけにはいかないんです。

長々とすみませんm(_ _)m

ご意見ありがとうございます。

D:こまちさん
死者の哀悼について、首相が職務としてするのは
差し出がましいのではないのかという旨の文を僕は
書きましたが、個人として行く自由はあるとは思います。
首相の靖国参拝について遺族が望む声もあるようです。
戦犯の合祀で遺族の方を棚上げにしているの、
僕も残念です。アンフェアな裁判の末、レッテルを
貼られ、そのまま殺された(刑された)ことで、
もう言うことは何もないと思います。それをほじくり返して
むやみに遺族に負担を強いるのは憤りを感じます。
思考停止すると言ったこと、すみませんでした。
国民の一人一人が正しい情報のもとに、じっくりと
考えていかなければならない問題ですよね。
こういった問題の記事に自分の意見をコメントして
下さって、すごく嬉しいです。

D:サクサカーさん
記録映画『東京裁判』を観たことはありません。
勉強のために観たくなりました。きっと本人・弁護人いる
中での不当な欠席裁判だったのではないかと思います。
それで終わりにしないのは明確に外交カードをきっている
のであって、本音では国民感情を案じているわけでは
ないのが残念な国ですね。
「参拝」も含めてカードを切らされているとの考え、
なるほどと思いました。日本の真の独立は困難な仕事
である、ということですね。

D:遊楽庵さん
ご意見、ごもっともです。すみませんでした。
国民主権の国民として恥ずかしい言葉だと反省します。
国民がNOと言わなければ変わらない、もしくは、
いやむしろ悪化してしまうことですよね。
勉強させてもらいながら、自分の意見を表すことを
継続していきたいと思います。

判決の時に、本人が通訳の言葉を確認しないうちにヘッドホンを無理矢理取り上げたりしています。
死刑判決を知らぬまま、監禁・処刑された者もいたのです。
これって...ある意味、虐殺よりもむごいです。

それは・・・むごいですね

D:サクサカーさん
そこまでのやりよう、酷すぎるように思います。
戦勝国で余裕があるのに、どうして淡々と実務を
こなせないのか。。
判決結果には米国の新聞紙ですら疑問を掲げた
そうですね。私的な報復行為なのでしょうか。
この映像記録、大切な資料ですね。

私的には…小泉さん靖国神社訪問はアリなのかなぁ~と思います。
別に戦犯の方だけの供養をする為に行く訳ではないのだから。
戦争の犠牲となった人たちの供養をして、同じ過ちは繰り返してはいけない…
そんな意味をこめて…と個人的には思うのですがねぇ。。。
終戦記念日というのは、日本国民なら誰もが忘れてはいけない日だと思うのです。
アメリカと戦争して負けたという事を知らない世代の人もいる…
とか聞きました。そういう意味でも、小泉さんの靖国訪問。
色々な面からみて、良かったのでは…と個人的に思えます。

D:くまこさん
小泉さんのインタビュー、見たのですが、
説明が簡潔で納得に足るものでした。
僕も首相参拝に賛成する気持ちはあります。
まず日本が(これからの法整備の動きは逆行してる
ものの)平和に向けて前向きな動きをしていることを
外国にも国内にもアピールできます。
徴兵制をしいて例えば竹島を武力制圧したり、
台湾独立を阻んだりするような国とは一線を画している
ことを知らしめることができます。
次にマスコミが狂気して取り上げること。
後の天皇陛下が出席される武道館での式典よりも、
視聴者に対して強く戦争や平和について考える機会を
与えてくれることができると思います。
そう考えれば小泉さんの行ったことは良い結果も
多くあったのではないかと思います。

日本人は戦争でのいろんなことを知っていた方が
いいと思います。自国がしたこと、他国にされたこと。
正しい道があるとは思ってませんが、
小さな頃から自然と、戦争に関する正しい情報を得て、
自分で自由に考えられる社会だったらと思います。
マスコミでも僕が受けた教育でも、情報の中の一部を
切り取って、一定の方向性でもって与えるので怖いです。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

 訪問者数 

 プロフィール 

novizo

Author:novizo
画像:名も無きタヌキ
留年2回生。世事・流行に激しく疎い。
映画、自動車、競馬、フィギュア、
サッカー、バス釣り、ビリヤードなど
に興味有り。
僕の本棚、見て下さい

 ブロとも申請フォーム 
 ブログ内検索 

 月見の季節 

 絵本 

村人にしあわせを与えるトランペットふき。ある日、盗賊に捕らえられてしまう。読んで元気が出ます。

 天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

 てくのくらてぃ 

 ブログスカウター 

 QRコード 

QRコード

 メールフォーム 
 piyopiyo 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。