名も無き海から

派遣、映画館のアルバイトや手話の勉強、ニュース、映画鑑賞などの記事を書いてます。ブログペットの月見君もヨロシク♪

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年

05月29日

(月曜日)

もし人生でひとつだけやり直すことができるなら…

前置きは飛ばして下さい(笑)

この胸いっぱいの愛を


『この胸いっぱいの愛を』

監督: 塩田明彦
脚本: 鈴木謙一 渡辺千穂 塩田明彦
原作: 梶尾真治
撮影: 喜久村徳章
音楽: 千住明

出演: 伊藤英明 ミムラ 勝地涼 宮藤官九郎 吉行和子
    愛川欽也 富岡涼 臼田あさ美 古手川祐子 坂口理恵
    ダンカン
    協:吉田恭子(vn)with金聖響&アンサンブル金沢
    中村勘三郎(勘九郎) 倍賞千恵子

2005年

(DISCASから、あらすじを拝借)

2006年、百貨店に勤める鈴谷比呂志は、出張で小学生時代を
過ごした北九州・門司を訪れた。そこで郷愁に浸る比呂志だったが、
その時ふと一人の少年に出くわす。
彼はなんと、“ヒロ”と呼ばれていた20年前の自分だった。
比呂志は知らぬ間に1986年にタイムスリップしていたのだった。
そしてある出来事がきっかけで、比呂志は祖母の旅館でヒロと
奇妙な共同生活を始めることに。

そんなある日、彼は憧れの女性“和美姉ちゃん”と再会する。
難病を患いながらも手術を拒否してこの世を去ってしまった彼女を、
今なら救えるかも知れないと考える比呂志だったが…。

原作は梶尾真治。『黄泉がえり』の原作者であります。

もし人生でひとつだけやり直すことができるなら…

というキャッチフレーズをタイトルに上げましたが、
整理できないほどに多い「やり直したいこと」の中で
最も根深くて大きなことは何でしょうか。

『この胸いっぱいの愛を』では、4人の登場人物が
過去に戻り、やり直したい出来事に向き合います。
そして過去に自分が為せなかったことを果たします。

それって自己満足で終わることもあるし、
そうでないこともあって、特に主人公が生きる力を
与えることになった和美姉ちゃんの場合はその人だけでなく、
周りの人を活かせる力を与えたと思う。単純に言えば、
和美が手術を望むようになってお父さんは喜んだと思うし、
彼女にバイオリンを教えてもらう子供たちも、いろんな恩を
和美からもらうと思う。

一方で『プライベート・ライアン』のドイツの捕虜兵を
生かしたことで、主人公の仲間が殺されてしまったりと、
好意が裏目に出たりすることもあるけど。。でもそれが
戦争だし、殺されなかった仲間もいた、一応。

話の方向がそれそうなので戻すと、もしやり直すことが
できるなら、個人的なことよりも対人的なことかなと思った、
ということなんです。僕は今でもガキだけど、卑怯だし、
調子モノで、傷つけることも言ったしやったこともある。
それが致命的なダメージを与えたというほどでもないけど、
やっぱり今に感じる負い目は大きい。だからもしできるなら、
そういうことをやり直したいと思います。

ところで、僕がやり直したいことは学生時代に多い(当たり前)
僕がまだ学生だから言えることなんだろうけど、
あの日に戻りたいとは思えない。
義務教育時代の勉強はつまらなかったし、毎日が退屈で、
いろいろ失敗を重ねてきたけど、今がいいなと思う。
失敗で良くなった部分も自分にはあると思うし、
逆に退化してしまった部分もある。
失敗が全て肥やしになりはしないけど、まぁ失敗も
悪くはないですよね。

あ、でも、レポート提出日が目前に迫ると、
毎回、あの日に帰りたいと何度も思いました。すみません。
今でも何度も思います。本末転倒。。

やり直したいこと、については以上で。
後は雑感。

ところで、和美姉ちゃんことミムラさん。
『着信アリ2』にも『いま、会いにゆきます(ドラマ)』でも
出てたと思いますが、いやはや美しいです。
ちょっと男勝り?な設定も、僕にはたまりません。
ナチュラルビューティーというか、すっぴんも綺麗そう。
若さなのか?第2の竹内結子といった存在です。僕的。

この映画はファンタジー。タイムスリップものと見せかけて…
というのが面白かった。ほんの少しディテールに不満がある
けど、まぁファンタジーだし!うん。
それよりもこういう和製ファンタジーって、自分の繊細な部分を
優しく撫でてくれますね。温いけど、僕はそんな趣味がある人が
好きです。

映画のエンディングのシーン。
幻想的なシーンだけど、同じ人が時代を変えて同じ場にいる
ってのは、どうなのか。幸せな気持ち半分、違和感半分。
誰かの妄想(失礼)なんだろうか。
原作を読まないと、なんとも言えない。

受験のストレスから花壇を荒らした気弱で影の薄い人。
花壇の持ち主に謝るシーンが僕は最も共感を覚えた。
実は小学生の時、駐車場でスクーターのミラーにボールを
当ててポッキリ破損。怖くなって、セロテープでプチ補修
その後逃げてしまった経験が。あの時、謝っていたら何かが
変わっていたのかもしれない。。

長くなりましたが所感はここまで。

もし作品を観られていたら、何か感想下さいな♪
スポンサーサイト

コメント

見ました^^

盲導犬の方のも好きです
下手すると一番感動したかも(w
やり直せるなら・・・
無いですね(w
後悔は、死んでから一気に!がモットーですから!!
あははははっ(^^;)

おばあちゃんと盲導犬

D:さくらさん
盲導犬の話も良かったですね。
おばあちゃんの後悔が深かった分、
再会した時の喜びが大きかったですよね。

後悔は死んでからでもいいですね、確かにw

面白そうだねぇ~♪゛
今度、機会があったらレンタルで観てみるね~v-286

感想楽しみにしてます

D:Tawaさん
いつでも待ってます☆

見たい

です(TOT)
もっちはこういう系大好きです(TOT)
「黄泉がえり」もかなり泣きました☆
竹内結子かわいすぎます(*´∇`*)
そんなかんじの子がでてるんですね!
また感情移入しそうです(^^;)そしてその子になったつもりになっちゃうもっちであります(><)笑

逆転ホームラン

D:もっちさん
『黄泉がえり』の切なさ、良かったですよね。
僕も泣いてしまいました。
ミムラちゃんも可愛いですよ!
この物語でミムラちゃんに感情移入すると
すごく泣けると思います。
というのも・・・モガモガ

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

 訪問者数 

 プロフィール 

novizo

Author:novizo
画像:名も無きタヌキ
留年2回生。世事・流行に激しく疎い。
映画、自動車、競馬、フィギュア、
サッカー、バス釣り、ビリヤードなど
に興味有り。
僕の本棚、見て下さい

 ブロとも申請フォーム 
 ブログ内検索 

 月見の季節 

 絵本 

村人にしあわせを与えるトランペットふき。ある日、盗賊に捕らえられてしまう。読んで元気が出ます。

 天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

 てくのくらてぃ 

 ブログスカウター 

 QRコード 

QRコード

 メールフォーム 
 piyopiyo 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。