名も無き海から

派遣、映画館のアルバイトや手話の勉強、ニュース、映画鑑賞などの記事を書いてます。ブログペットの月見君もヨロシク♪

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年

05月03日

(水曜日)

制作費約1億3千万ドルの『パール・ハーバー』

数日前に届いてましたが、ようやく観ました。
mixiでの評判を見ていると8割が超駄作とあったので、
ネタとして観るとはいえ踏ん切りが必要だった由。

皆さんは見たことがありますか?

一応あらすじを(これまたWikiから転載)

米陸軍の戦闘機パイロット、レイフとダニーは深い絆で
結ばれた親友である。幼いころから兄弟同然に育ち、いつも一緒だった。
やがてレイフは美しい看護婦のイヴリンと出会い、恋に落ちる。
しかし、レイフは理想を求めてヨーロッパ戦線に参加。
イギリスのイーグル飛行中隊の一員としてドイツ空軍と
激しい戦闘を繰り広げる。

そのころダニーとイヴリンはハワイのパール・ハーバーに転属となる。だが、そんな二人に届けられたのはレイフの戦死の知らせだった……

そして、1941年12月7日。
大日本帝国海軍の航空隊は真珠湾目指して出撃した……



以下、感想。

許せない史実の捻じ曲げ。
・日本軍、真珠湾攻撃で病院強襲。
 →軍事施設しか攻撃してない。これ攻撃できない。
・日本軍会議、河原にて。子供たちが側で凧揚げ。
 →厳重機密をそんな所で(;´Д`)凧揚げは1月では・・??
・アメリカ軍、真珠湾攻撃報復、「ドーリットル空襲」東京のみ、
 兵器工場のみ。
 →何箇所もの都市が被害。小学生が機銃掃射で死亡。
  兵器工場のみではない。
・「ドーリットル空襲」前、巡洋艦(戦闘用軍艦)に米軍発見される。
 →漁船改造した監視専用の船。保身のためすぐに発つよう描かれて
  いるが、日本の船は米軍のそれこそ語絵の巡洋艦によって全滅、
  作戦のためだよね。。

映画で史実の捻じ曲げは感心できないです。
これを敢えて日本でやったんは、そういうのをあえて批判するため
見るのを狙う為だったのか??(僕はその一人)

史実の根拠に映画を挙げる人って、いなくはないのです。
僕の知人でそういう人がいたし、僕もそうでした。
疑うことを知らない人もいるわけだから、
せめて史実は史実通りにお願いしたいものです。

この映画は恋愛映画としても戦争映画としても、
面白くなかったです。青春盛りな若者が恋をして、
戦争で女が恋人を失い、恋人の親友と出来てしまったら、
奇跡的に元の恋人が生還、三角関係になってしまった、という
展開なのですが、これを知っても、特に心が驚かないでしょう。
ここにあるのはアメリカ側の被害者意識を煽ろうとする
魂胆しかない気がします。そんな状況になって、どんな風に
乗り越えていくのか、葛藤を抑えられるのか、長い長い映画なのに
ほとんど描かれてません。教訓がなさ過ぎる。

とりわけ力を入れていた真珠湾攻撃のシーンは
しかしながら、見事です。すごい。さすが100億円かけた
だけあります。軍と国を動かして、こんなのを撮れるアメリカは
すごい国ですね。自国内ではこの映画、製作側の期待に反して
芳しくなかったようですが。。
戦闘シーンは見事ですが、グロ描写は抑えてます。

僕はこの映画を不戦教育(これ自体が僕にはナンセンスですが)
の教材には使われたくないな、と思います。
いろんな国家間の問題で戦争という道をとっていくのに、
報復行為は正当という、この映画のメッセージは恐ろしい安直さ
を植えつけるでしょう。

よほど銃後の人たちの無念さを描く「はだしのゲン」
の方が、こういう道に進まないためにはどうすればいいのかを
考えさせてくれる、良い教材な気がします。

100億円も使った史実再現。史実再現として造ったつもりが、
常識人はきちんと見破って、エンターテイメント映画だと解釈
しているようです。日本人が寛容でマジでよかったね、と思う一作。
スポンサーサイト

コメント

あ"ぁ…こんな内容だったのだぁ…
ふむむ~公開中劇場に来た人々が「感動ーっ」って泣いてたケド…歴史を、あまり理解してない、お人達だったのね…
んん~同じ戦争恋愛映画なら「ロング・エンゲージメント」が素敵ょ~♪
背景は、ヨーロッパの第二次世界大戦になるケド~

…凧揚げ…ありえん…まだ、「キル・ビル」の中の、嘘日本の方がイイや~★
(-∀-;)

D:Tawaさん
ロング・エンゲージメント、チェックしてみます♪
嘘日本はいいですよねwパロディは笑わせることが目的だし!
あれで勘違いされても笑って済ませられますからねw

この映画、アメリカではコケたようですが、
日本での興行成績はまあまあだったんじゃなかったでしたっけ。
かなり史実の捻じ曲げがあるにもかかわらず、
それを受け入れてしまう日本人という民族は
無知なのか度量が広いのか…(^^;
まあ映画(=作り物)と言われてしまえばそれまでなのですが…

D:しきさん
アメリカでコケて、日本でちょいヒットしたようです。
A.I.と同じパターンらしいですね。ネット検索で日本では69億円と
興行成績が出てきました。日本への配給成功…微妙な気持ちですが
大らかさも無知もありそうですね。大らかさはいいのですが、
映画やからアツクなるなよという向きがいたら、
僕は鈍感すぎるなぁと思ってしまいます。
無知についてですが、この映画レビューの中に
「日本人はこんな悪いことをしたんだ」
と真っ直ぐ受け止めちゃった人を見て泣けましたTT

あれ!?

パールハーバーみたと思っていたんですが、聞いてもわからないのでやっぱり見てないのかも(^^;)
それか若年性アルツハイマー!?(><)笑

そう言えば観ていなかったし忘れていました(恥)

うーん戦闘シーンだけ観たい...

D:もっちさん
あははw 見た気がするけど、気のせいだった~とか
よくありますよね。

D:renさん
忘れられたw
○○して、そこだけ切り貼りしたら…できないことも
ないのですが・・・w

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

 訪問者数 

 プロフィール 

novizo

Author:novizo
画像:名も無きタヌキ
留年2回生。世事・流行に激しく疎い。
映画、自動車、競馬、フィギュア、
サッカー、バス釣り、ビリヤードなど
に興味有り。
僕の本棚、見て下さい

 ブロとも申請フォーム 
 ブログ内検索 

 月見の季節 

 絵本 

村人にしあわせを与えるトランペットふき。ある日、盗賊に捕らえられてしまう。読んで元気が出ます。

 天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

 てくのくらてぃ 

 ブログスカウター 

 QRコード 

QRコード

 メールフォーム 
 piyopiyo 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。