名も無き海から

派遣、映画館のアルバイトや手話の勉強、ニュース、映画鑑賞などの記事を書いてます。ブログペットの月見君もヨロシク♪

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年

04月28日

(金曜日)

アイ、ロボット

movie0428


ウィル・スミスが主演。アイザック・アジモフのロボット物短編集
『われはロボット』が原作で、『ダーク・シティ』のアレックス・
プロヤスが監督。配給は20世紀FOX。

物語は以下ウィキから転載(要は手抜きか!)
西暦2035年のシカゴでは、ロボットは既に人間のサポート役として
日常生活に溶け込んでいる。そんな中、U.S.ロボテックス社(U.S.R.)は
新たに開発した次世代家庭用ロボットNS-5型を出荷しようとていた。
しかしその直前、ロボット工学の第一人者であるラニング博士が
U.S.R.本社ビルで殺害される。
容疑者は人間に近い感情を持つNS-5型ロボットのサニー。
ロボット三原則により、絶対に人間に危害を加えないはずのロボット。
はたして殺人犯になり得るのだろうか?
ロボット嫌いのスプーナー刑事とロボット心理学者のカルヴィン博士は、
その謎を追及するうちに、やがて、驚愕の事実を知ることになる・・・。

以下は感想です。



まず、ウィル・スミスのどうでもいい肉体露出が…(;´Д`)
あれは伏線のためのなのか。『東京タワー』(映画)の岡田君の
ケツくらいどうでも良かった。(ごく一部の男性と多くの女性にとっては
そうでないかもしれないけど)

後は固有名詞がヘン。米人にとってはそうでないかもしれないけど、
スプーナーはヌイグルミみたいだし、カルヴィンはとても女性博士には
思えないし、ラニングなどは名詞かよとさえ思う。
最後まで名前を覚えられなかった。。
殺人容疑をスプーナーからかけられたサニーだけ。

娯楽映画ということか、原作がそうなのか、
非合理的なシーンもあって、でもそれは面白かったです。
要はロボットが密かにロボット三原則を無視して、人間をあるべき
方向へ統制しようとしているのです。それでそれに気付きかけた
スプーナーを襲うのですが、2台の大型ロボット輸送トレーラー、
何十ものロボットで、肉体戦で挑んでくる。

ロボットは退化したのですかΣ( ̄□ ̄;)

人間でも数人の暗殺者が秘密裏に始末するものです。
そこにコストも考えて必要最低限の人数で効率的にするもの。
スプーナーは主人公なわけで死ねるはずがなく、
やはり大量のロボットが殉職_| ̄|○
結局は自我に目覚めたロボットが、支配下にあるロボットを
無闇に動かしているだけやん、と思え、最強の合理性を持つ
ロボットがすることかな…と頭をかいてしまいます。

でも、そういった無機質で、情を解さないロボットが
不合理に描かれ、不信感を煽られて、
次のような驚きを与えてくれるような気がします。

この映画では微妙に善・悪の2側に分かれてしまうように
思えるのだけど、憎らしいトコは悪者側の大将は人間を統制
しようとしているだけな部分。統制を始めたロボットと人間との
戦いが演じられるのですが、最後には「ぇ?」と思われる事態。
逆に、人間に潜む対人不安の業を演出していたのです、多分。
そこは唯一すごいなと思いました。

それにしても、未来のロボットは何を燃料に動いているのでしょう。
2035年のシカゴは緑のない、もはや建物ばかりの大都市で、
見る限り周りに資源があるとは思えない。。
溢れんばかりの人とロボット。1台でも相当高そうに思えるのに、
買えない人もいるってこと(主人公の母はなんとロトで当たる!w)
で、きっと税金で賄われているロボもある。
ということは、都市の税金も高そう。ロボットがいろんな仕事をして、
人間は確実に働く場所を失うでしょうし。。人間がいまの社会と同じ
社会生活をしていて、何だこれと思っちゃいました。

あと気になったのは予知夢。
メシアを想起させる予知夢をロボットが観るのです。
なんか宗教的だなと思ってウィキで原作者を調べると、
やっぱり旧約聖書・新約聖書の入門本を書いてた。
神が人間を造ったように、人間もロボットを意思ある生態に
変えて、ロボットもそれを引き継ぐような世界観。

意思を持ったロボットはやはり人間と同じ道を辿るのか。
手塚治は「火の鳥」で滅亡し、また生命が発芽する無常観を
描いてたように思うけど、彼はどんな未来を想像したのだろう、
とちょっと気になりました。ちなみに『A.I.』では2000年後
世界が氷に覆われている地球で超進化したA.I.が人間の記憶、記録を
再成しようとしてました。

とまあ、長くなっちゃいましたが、
テレビ放映されていたら見るのをオススメします。
スポンサーサイト

コメント

ちょこと、熱マシになったょ~デモ携帯から~
ふ~ん~こんな話しだったのだぁ…
微妙な矛盾が、色々ありそうな映画やにぃ~(しかし!東京タワーでお尻出したのかぁっっ!(@_@)観たら良かったやぁーっ!ファンじゃ無いケド~★)
やっぱりロボットの燃料は、家庭生ゴミなんじゃない~?
コストも掛からないし、発酵熱で動くのだ~(-∀-)
だから、すぐ止まるのだぁ~
プスンっプスン~★
で、リッチマンな人間は、ロボットに働かして、給料はせしめるってのはドオ~?
悪徳ヒモ…
火の鳥は、楽しいねぇ~♪♪
好きな時代を単行本で買って読んでたょ~Tawa~
やっぱりローマ編だにぁ~

東京タワーは恋愛とギャグな映画です

D:Tawaさん
マシになりました?良かったv-392
東京タワーは多少長いですが、僕は好きな映画ですよ~。
ロボットの燃料、家庭生ゴミ…バックトゥザフューチャーw
例えば農園や工場で働かせて…って何か人間社会でもある
ことですね。。涙が。。
火の鳥は、あのロボットの話が記憶に残ってます。
ローマ編は覚えてなかったので、また今度観ようっと!

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

 訪問者数 

 プロフィール 

novizo

Author:novizo
画像:名も無きタヌキ
留年2回生。世事・流行に激しく疎い。
映画、自動車、競馬、フィギュア、
サッカー、バス釣り、ビリヤードなど
に興味有り。
僕の本棚、見て下さい

 ブロとも申請フォーム 
 ブログ内検索 

 月見の季節 

 絵本 

村人にしあわせを与えるトランペットふき。ある日、盗賊に捕らえられてしまう。読んで元気が出ます。

 天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

 てくのくらてぃ 

 ブログスカウター 

 QRコード 

QRコード

 メールフォーム 
 piyopiyo 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。