名も無き海から

派遣、映画館のアルバイトや手話の勉強、ニュース、映画鑑賞などの記事を書いてます。ブログペットの月見君もヨロシク♪

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年

04月26日

(水曜日)

とりあえず感涙した 『A.I.』

movie0426



スピルバーグ監督『A.I.』
これは『2001年宇宙の旅』のキューブリック監督の企画を、
スピルバーグ氏が製作監督したもの。

「愛する」機能を与えられた少年型アンドロイドのデイビットは
ある日、愛する許可を与えた母親によって森の中へ棄てられます。
未承認アンドロイドやロボットを借り出して、魔女狩りショーを
行う連中から逃げ出したデイビットは、性をサービスする
セクサロイドの「ジゴロのジョン」という男性型アンドロイドと
共に、人間になるため、おとぎ話のブルー=フェアリーを探す旅に
出る・・という、あらすじです。



とりあえず、泣いてしまったことを伝えたいです。
自分を捨て去った母親をプログラムによって愛せないことが
できないデイビットは、人間になれたら愛してもらえると
思い込んでいて、キューブリックへのオマージュなのか(違うだろうけど
2000年後の世界で、遺髪から不完全再生(1日の寿命)させた
母親とようやく再会できるのですが、そのシーンに思わず涙。
魂は完全に再生できない、のです。その不完全再生によって、
母親とは以後どのようにしても会えない。
子供のプログラムを埋め込まれたデイビットにとって、
なんて悲しいことなんだろうという気持ちが半分、
積年の思いが実現したことへの感動がもう半分なのです。

僕は当初、スピルバーグ監督のものであると
分かってなくて観たもので、アンドロイドと人間の家庭が
相互理解していく物語かと思ったのですが、
実は上のような冒険があって、未来の世界が目の前に広がって
おぉーと驚きました。なんだか御茶ノ水博士みたいなCGも
出てきますよ。未来型検索マシンのようでした。

この映画に対するレビューは両極端です。
泣けるか、駄作か。

僕はこの映画に気に入らない点をいくつか
見つけてしまったけれど、泣いてしまったことも
大切にしたいなと思いました。
これを観て泣けた人とは仲良くなれそうな気がします。
別に駄作やと思った人と仲良くなれんことはないと
思ってはいますが、批判の眼力が低い点では面白みの
ない人間なので自信はありませんw

最後に一言。

クマ人形型スーパートイ「テディ」
誰か僕に造ってくれませんか!w
ひそかにあの人形のファンは多いようです。
スポンサーサイト

コメント

人間になりたいロボットものなら、

「アンドリューNDR114」も好きです。v-522

Tawaもだぁ~アンドリューで、くやし涙が出た~i-238
ロボット物は、人間の傲慢さが、際立つね…
なんとなく…

アンドリューはまだなのですが

>サクサカーさん&Tawaさん
是非見たいと思ってる一作です。
僕もくやし涙が出るかもしれませんね。

あともうひとつ

アウターリミッツの2ndシーズンに収録されている「ロボット裁判」も悔し涙いっぱいの作品です。

観ましたか

感想嬉しいです。
renは「A.I.」で感動した方なので
同じ感じを受けてくれたnovizoさんに感謝!

私も泣いたのです...

うんうん

私も泣きました。
フェアリーのシーンで(;-;)
くぅ~~~~~~。

涙がキラリ☆

D:renさん
そうなんですか!僕も嬉しいです♪
感想かいて良かった!!

D:さくらさん
あのフェアリーは僕にとってのサンタクロースでした。。
同じ願いをしていたらと思うと…涙。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

 訪問者数 

 プロフィール 

novizo

Author:novizo
画像:名も無きタヌキ
留年2回生。世事・流行に激しく疎い。
映画、自動車、競馬、フィギュア、
サッカー、バス釣り、ビリヤードなど
に興味有り。
僕の本棚、見て下さい

 ブロとも申請フォーム 
 ブログ内検索 

 月見の季節 

 絵本 

村人にしあわせを与えるトランペットふき。ある日、盗賊に捕らえられてしまう。読んで元気が出ます。

 天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

 てくのくらてぃ 

 ブログスカウター 

 QRコード 

QRコード

 メールフォーム 
 piyopiyo 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。